レーシックについて

ここ数年で視力回復手術であるレーシックは大きく普及しました。

近視や乱視の人にとっては、メガネやコンタクトレンズで視力を補正するという方法が一般的でしたが、眼そのももの視力を矯正することはできませんでした。

レーシックは眼を直接手術し視力を矯正する施術なので、近眼や乱視で悩んでいる人にとっては、効果が得られればかなりの喜びになることと思います。

レーシックは、眼の角膜を切開して歪みを矯正する方法で、術後は比較的早い段階でその効果を実感することができます。実際にレーシックを受けて、長年使っていたメガネから解放されたとの喜びの声をたくさん聞きます。

もちろん全ての人がレーシック近視治療を受けられるわけではありませんが、興味のある方はレーシックを行っている医院などでまずは資料請求を行ってみると良いでしょう。

残念ながら、レーシック治療を行っているクリニックでは、あまり評判が良くない医院もありますので、事前にきちんと調べることをお勧めします。

失敗しないレーシック眼科選び

目が悪い人の中には、眼鏡やコンタクトレンズといった視力矯正のための道具が不要になる、レーシックを受けてみようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ここでは失敗しないためのレーシック眼科選びのポイントについて紹介していきます。

まず、大切なのは費用だけで選んではいけないという点です。レーシックは安全性の高い手術と言われていますが、それは高い技術と豊富な手術実績のある医師がいる信頼出来るクリニックで手術を受けた場合の話です。費用は安いものの、信用性に欠けるようなクリニックは絶対に避けなければなりません。

また、実際にクリニック受けるレーシックのカウンセリングも重要なチェックポイントとなります。カウンセリングでは、レーシックに関する疑問や不安を残さず質問、相談してみて、わかりやすく明確な答が返ってくるかチェックすることが大事です。レーシックにはメリットだけでなく、注意しなければならない点もありますので、良いところばかりではなく、そういった点についてもきちんとした説明があるかどうか確認しておきましょう。
また、クリニック内の雰囲気やスタッフの対応も忘れずにチェックするようにして下さい。

レーシック眼科を選ぶ場合は、以上のようなポイントをしっかり押さえた上で、自分に最も合ったところを選ぶようにすると良いでしょう。

このページの先頭へ

イメージ画像